--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.04

ソイソース

醤油を英語で「ソイソース」と呼ぶことは知っていても、まさかその「ソイ」部が「大豆」を指しているとは夢にも思わなかったね。

これはアレだ、保育園の頃から「シチジューシチギンコー」と呼ばれる銀行の存在を知っていても、「七十七銀行」と書くことを初めて知った小3の夏。みたいな。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://jtm.blog11.fc2.com/tb.php/118-8b5bc858
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ジャパニーズミソスープは通じない外人も、ソイスープ、と言うと膝を打つ外人もいますよ。
それってどうなの? と思いつつ。
Posted by ゆん at 2006.04.04 19:56 | 編集
「ジャパニーズビーンズスープ」って言ったら通じたので、それでいいのかと思ってました(笑)
Posted by き at 2006.04.04 23:31 | 編集
県外から来た私は「ナナジューナナギンコー」と読みました。
Posted by ゆずゆず兄やん at 2006.04.07 12:15 | 編集
そもそもスープは「飲むもの」、ソースは「かけるもの」という解釈が日本人にはあると思うんだけど、英語では違うのかな?
どうなの?>英語漬け二人

七十七銀行は読めないよね。他にも、仙台市民は「上杉」を「かみすぎ」と読みがちです。
Posted by テイム at 2006.04.07 16:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。