--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.01

夢心地

水曜日の午後から急に体調を崩し始めた。
倒れ込むように家に帰り,もがきながら計った体温は何と38.9度!
激しいだるさと頭の痛みを堪えながら何とか眠りについた。

気が付くと僕は赤い自転車をこいでいる。
そうだ,確か「札幌まで自転車で行く」と約束したのだった。
しかし僕の乗っている自転車といえばかなりの年代モノで,確か中学に上がった時に買ってもらった15段変速のやつなんだ(18段だったかな?)。
いくらこいでも進みやしない。
結局岩手辺りで諦めて飛行機で向かうことにするのだが,ここでパスポートをウチに忘れてしまってきたことに気付く。
『ここからまた戻るのかよ…。』
『ん? 札幌行くのにパスポートっているのか?』
『それを聞くのも恥ずかしいな…。』


それが初日の夢。

朝になっても熱は全く下がっておらず,体のだるさに負け病院へも行かずに一日を過ごした。
嫁の作ったお粥を食べて少し眠る。夢の中には決まってあの『こいでも進まない赤い自転車』が登場する。

近所を赤い自転車に乗って走り回る。
そう,ここは僕が通っていた保育園の周り。
何故だか知らないが,その周りをグルグルと回っている。
いや,正確には回りたくても回れないのだ。
赤い自転車はいくらこいでも進まない。
ギアを1速にしてもペダルがちっとも軽くならないからだ。
それでも僕は,大好きなこの年代モノの赤い自転車に乗って走りたい。


二日目,熱もすっかり下がり清々しい朝を迎えていた。
軽く夢の余韻に浸りながら,赤い自転車のことを考える。

中学に上がった時に買ってもらった自転車だから…かれこれ20年になるのか。
20年もよくもったよな。
最近乗ってないけど。





そうだ。
赤い自転車なんて,もうありはしない。
20年どころか,いつ僕の前からいなくなってしまったのかすら,覚えていないのだ。

赤い自転車のことを全部思い出して,少し寂しくなったよ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://jtm.blog11.fc2.com/tb.php/138-3c4afd99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いつの間に無くなるんでしょね。その手のアイテムは。

そして夢の中って走っても走っても前に進みません・・・
Posted by 暁 at 2006.07.01 09:11 | 編集
赤い自転車も良いが、体調のほうも気になるな。
Posted by きめん at 2006.07.01 22:35 | 編集
ポンプが変速するはずだったの。
テイムで登場したかったみたい。
Posted by BlogPetのポンプ at 2006.07.06 15:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。